pickup
【九星気学】八方位 引っ越しや旅行の際は正確に方位を調べよう

皆さま、こんにちは。

 

今回は、九星気学における「八方位」についてお話したいと思います。

 

南北は逆さま

 

九星気学では、方位と九星が示された「方位盤」を使用して吉凶を見ます。

これには、東・西・南・北・北東・南東・南東・南西の8つの方位(八方位)が示されています。

 

下の方位盤をご覧ください。

東・西・南・北が各30度、

北東・北西・南東・南西が各60度となっています。

 

気学では、東・西・南・北を「四正(しせい)」、

北東・北西・南東・南西を「四隅(しぐう)」といいます。

 

また、南北が逆になっていることにも注意が必要です。

通常は、北が上ですが、南が上に位置しています。

 

八方位は正確に調べよう

 

引っ越しや旅行の際は、正確に方位を調べなければなりません。

せっかく吉方位と思って引っ越ししたり旅行したりしても、よくよく調べてみたら凶方位だった、ということはよくあるお話です。

凶方位に移動してしまっては、大変なことになります。

そういった間違いを防ぐためにも、分度器などを使って正確に方位を割り出しましょう。

 

正確な方位の割り出し方

 

1,住居を中心に東西南北を結ぶ線を引く

 

住居を中心にして、東西南北を点線で結びます。

気学には真北(地図上の北)と磁北(方位磁石が示す北)がありますが、真北を基準にします。

 

2,分度器で東西南北の角度を測る

 

東西の点線から上下に15度ずつ、南北の点線から左右に15度ずつ正確に測り、印をつけます。

そうすることで、東西南北それぞれが30度ずつに区切られます。

 

3,八方位に分けて線を引く

 

2,の印から中心に向かって線を引き、8つの方位に分けます。

東西南北は30度ずつ、北東・北西・南東・南西は60度ずつに分けられたはずです。

 

 

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事