pickup
【九星気学】後天定位盤と九星の運行の法則

皆さま、こんにちは。

 

今回は、後天定位盤(こうてんじょういばん)と九星の動き方についてのお話です。

 

後天定位盤とは

 

前回までの記事で、九星気学には9つの星があることはすでにお話しました。

この9つの星には、定位置が決まっています。

それを示したものが、後天定位盤または、後天定位図と呼ばれるものです。

 

下の図がそれです。

注意点は、北が下、南が上で表記されていることです。

 

九星の定位置について

 

9つの星、つまり、一白水星から九紫火星までの星は、定位置が決まっています。

言い換えれば、それぞれ、担当する方位があるということです。

特性によって色分けすると、少しは見やすいでしょうか。

 

  • 一白水星・・・・北
  • 二黒土星・・・・南西
  • 三碧木星・・・・東
  • 四緑木星・・・・東南
  • 五黄土星・・・・中央(方位なし)
  • 六白金星・・・・北西
  • 七赤金星・・・・西
  • 八白土星・・・・北東
  • 九紫火星・・・・南

 

覚えるのは、少し大変ですね。

まずは、自分の星が何であるかを見てみましょう。

そのうち、自然と覚えられると思います。

 

九星の運行の法則

 

方位盤上の九星は、ずっと定位置のままとどまっているわけではありません。

九星は、決まった法則で運行します。

年、月、日、時ごとに一定の法則に基づいて移動しています。

これを「九星の運行」といいます。

 

九星は、方位盤の中央から始まり、

北西 → 西 → 北東 → 南 → 北 → 南西 → 東 → 南東 → 中央

 

と移動しており、それを繰り返しています。

 

つまり、年盤は10年目、月盤は10カ月目、日盤は10日目、時間は10時間目に同じ盤が回ってくることになります。

また、それぞれの九星が方位盤の中央に入った状態を「中宮」といいます。

 

たとえば、2020年は七赤金星が年盤の中央にあるので「七赤中宮」の年となります。

 

ちなみに、生まれた年の年盤の中宮にある九星が、その人の本命星となります。

 

 

それではまた!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事