pickup
私の選名、正名について

皆さま、こんにちは。

 

このたび、当ブログにおいて私の名前を公表することにしました。

今後、「若美 貴桜(わかみ・きお)」として運営してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

※ Twitterアカウントも新しくいたしました。

これまで旧アカウントでフォローしてくださった方、申し訳ございません。

恐縮ですが、下記またはプロフィル欄から新Twitterをフォローお願いいたします。

若美貴桜 WAKAMI Kio (@WakamiKio) | Twitter

 

 

本名でなくてもビジネスネームでいいのですが、姓名判断においては、五大真理のすべてのチェック項目で「吉」となる「正名(しょうめい)」を持つことが開運のポイントとなります。

 

五大真理をクリアするのは、簡単ではありません。

日本人の9割が凶名であることが、そのハードルの高さを物語っていると思います。

 

1点でも「凶」が入っていると正名にはなりませんし、「凶」の要素が出てきてしまいます。

お名前は、100パーセント整った「正名」を持つことが開運の近道となります。

 

私の名前、「若美貴桜」は正名となっております。

リリースは本日、9月9日からとなりますので、効果のほどはまだ分かりませんが、「正名にした結果、こんな素晴らしい効果が得られました!」というご報告をできたらいいなと思っております。

 

「若美」は祖父母の住んでいる地名から取りました。

その土地の血を受け継いでいることを、名前に織り込んで、自分の胸に刻み、周囲に示したかったからです。

 

「貴桜」は、高貴で強く美しく花開く女性のイメージです。

桜は散るイメージばかりではありません。

強く根を張り、自立する力強さもあります。

 

本当に、とても気に入っています。

 

姓名判断は奥深い学問です。

このサイトで、姓名判断を解説し、ご興味のある皆さまに情報を提供し、自分自身これからも積極的に学びを深めていきたいです。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ちなみに、今年2020年は、人数系列の「線路」の年。

人数系列の星の私は、9月に線路の年・月・日がそろっている日を選んで名前を使い始めれば、60年続く大発展の気が取れるということで、本日のリリースとなりました。

 

「線路」については、のちのち九星気学の記事で解説いたしますが、タイミング良くちょうど線路の年に正名を使い始められるなんて、とてもご縁を感じています。

 

若美貴桜 拝

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事